医療レーザー脱毛で起こるトラブル事例

レーザー脱毛で気をつけたい代表的なトラブル事例

クリニックでの医療レーザー脱毛によるトラブルの例は、エステサロンなどに比べてそれほど深刻なものは報告はされていないようです。医療機関ということで、何らかのトラブルがあってもすぐに対処できるというメリットがあるからでしょう。

 

医療レーザー脱毛による肌トラブルはまったくないわけではありません。レーザー光を使用するので毛や肌が一瞬でも熱にさらされるわけですから、やけどの可能性も十分考えられます。太陽光による日焼けの状態になるのがレーザー光による脱毛施術後の正常な反応といわれていますが、レーザー光の出力が強すぎたり、適切な冷却処置がなされなかったりするとやけど状態になってしまうことがあります。機器のコントロール方法や施術者の技術により、レーザー光の出力が不安定になるということもあり、肌に合わなければやけどを引き起こしてしまいます。

 

ひどい場合は水疱ができたり色素沈着を起こす場合もまれにあるということですが、医療機関ですのでそれに応じてすぐに的確な処置をしてくれるはずです。脱毛後の肌は乾燥していますし、とても敏感になっています。やけどまでいかなくてもアフターケアで保湿のためのクリームなどを塗ったりアイスパックなどで冷やしたりしてくれるクリニックは多いと思います。

 

肌トラブルが起きたときはもちろん、何も問題がなくても家に帰ってから痛みや熱感が出てきたり、赤みやひりひり感などがあるかもしれません。そういった時はどうすればいいか、自分でできる対処法は聞いておいたほうがいいかもしれません。後日の処置を無料(料金内)でしてもらえるかどうかはクリニックによって違いますのでよく確認しておきましょう。

 

痛みに関しては多くのクリニックが「輪ゴムでパチンとはじかれた程度の痛み」と表現していますが、その感じ方にも個人差があります。痛みに敏感な人に対してはレーザー光の出力を弱めるなどの対処をしてくれますが、そうすると脱毛の効果も弱くなり、時間と回数がかかってしまうことになります。痛いのを我慢してまで無理をする必要はありませんが、体験者の多くが我慢できない痛みではなかった、と言っています。

 

その他考えられるのが料金に関するトラブルでしょう。思ったように脱毛に時間がかかったりカウンセリングで言われたような状態にスムーズにいかない場合です。
毛質・肌質により施術がうまくいかないことはありうることですが、それに対して説明がきちんとおこなわれない場合やスタッフの対応があまり良くなかった場合、クレームにもつながりかねません。不安や疑問は隠さずに話し、納得のいく説明をしてもらえるように働きかける必要があります。

 

料金については、最初にカウンセリングでしっかり確認しておく必要があります。規定より早く脱毛が完了した場合の返金はあるのか、クーリングオフはあるのか、などの確認はとても大事です。5回、10回などまとまって支払うコースで、予定より早く脱毛が完了した場合返金してくれるかどうかなどについてはカウンセリング時によく確認しておかないとクレームやトラブルの元になってしまいます。